天気の良い日は屋外でライティング作業

こんにちは。WEBライターをしているあむろです。

あたたかい気候になってきて、
室内にいるのがもったいない季節がやってきました。

そこで、わたしは日光浴と運動を兼ねて
散歩しながら原稿を書いています。気持ち良いですよ!

Webライターの特権?屋外でライティング作業

キーワードの選定をしたり、構成案を考えたり、文章の編集・校正をする時は、パソコンとにらめっこしながらのほうが捗りますが、実際に原稿を書く作業の時は、屋外や室内でも天井が高い開放感がある場所のほうが、発想が豊かになるような気がします。

そのため、天気が良い時は積極的に外に散歩に出るようにしています。

屋外でどうやって書いているの?

「屋外でどうやって原稿を書いているの?パソコンで?」
と、思われるかもしれませんね。もちろん、パソコンでは書いていません。
iPhoneを使って書いています。

「文字入力しながら歩くの、危なくない?」「効率も悪そう」
と、やっぱり思われるかもしれませんね。

もちろん、歩きながら文字の入力はしません。と、いうか出来ません!
転んだら痛いので、外で文字をフリック入力する時は必ず立ち止まって入力します。

散歩しながら書く時は、もっぱら音声入力を使っています。

活用しないともったいない!音声入力

‪iPhone‬で音声入力をするのはとても簡単です。
わたしの場合、原稿を書く時はたいていグーグル・ドキュメントかEvernoteで書いていますが、他のアプリでも同じだと思います。

この左下のマイクの部分を押し、‪iPhone‬に向かってひたすら喋ります。
そうすると、勝手に文字にして入力してくれます。

このやり方法で、トップにアップした春満載の景色を見ながら書いています。
気分が良いので、出てくる言葉もいい言葉が多いような?
気のせいかな?

効率的UPはWebライターにとって必須!

Webライターの仕事は「1文字◯円」といった感じで依頼されることがほとんどかと思います。
そのため、書くスピードをあげることが大事になってきます。

例えば、1文字1円で1000文字1000円の案件だった場合。仕上げるのに、
・1日かかってしまったら、日給1000円
・1時間で終わったら、時給1000円
と、このように大きく差が出てきます。

ですので、いかに効率よく書いていくかが重要になってきます。
その点、音声入力のスピード感は、慣れるととても効率が上がります。

せっかくのフリーランス。自由な働き方を楽しもう

フリーランスはただでさえ仕事量や収入に波があり、気持ちも落ち着きません。
しかし、せっかく時間にも場所にもとらわれない働き方が出来るのだから、もっと自由に、もっと楽しく仕事をしても良いんじゃないかな、と思います。

天気の良い日に、日光浴をしながら仕事が出来るなんて、本当に幸せですよ♡

音声入力を使うと、バッテリーの減りがかなりはやいので、充電器を持って散歩にでてくださいね!

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

⬇︎こちらからメールアドレスを登録していただくと、最新の記事が届きます。
ぜひ、ご登録おねがいします。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です