知らない人に話しかけてみる!ことを習慣にする。

最近、思うことがあります。

それは、
知らない人に話しかけた時に
優しく対応してくれる人が増えた

ということです。

そもそも
知らない人に話しかけるってなに?
っていう話しかとも思いますが。

わたしは以前から、知らない人によく話しかけたりしていました。
ナンパとかではないですよ!

“知らない人に話しかけてみる!ことを習慣にする。” の続きを読む

​​《新型コロナ》ピンチをチャンスに!現役Webライターが教えるオススメの自宅での過ごし方【40代からはじめるWebライター講座】

こんにちは。WEBライターをしているあむろです。

先日、バレッドプレスさんで連載中のコラムがアップされました。
このコロナ期間のことを、と、急遽変更した内容になります。

Webライターを始めたばかりの方や、これからWebライターを始めようと考えている方には参考になるかと思いますので、ぜひご覧になってみてください。

〜以下、冒頭部分をバレッドプレスさんから抜粋〜

ライティングのお仕事と新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスが流行しはじめて、早くも一月以上経ちます。自粛モードにも疲れが出はじめ、以前のような安穏な生活が恋しくなってきました。

しかし私を含め、周りのWebライターをみていると、気分的な部分以外はあまり新型コロナウイルスの影響を受けていないように感じます。もともと自宅にこもって仕事をしているかもしれませんし、締め切りに追われてそれどころじゃない!という人もいるのかもしれません。

“​​《新型コロナ》ピンチをチャンスに!現役Webライターが教えるオススメの自宅での過ごし方【40代からはじめるWebライター講座】” の続きを読む

初体験!電子書籍リリースしました!

こんにちは。WEBライターをしているあむろです。

この度、
オトナ女子の健康術 〜副業でWebライターをはじめたら病気が回復した!〜 (亀煙堂)
という電子書籍をリリースしました!

本を出版したかった、というよりは、
経験したことのないことを経験してみたかった!
という気持ちの方が強かったということもあります。

大人になると、意識的に初めてのことを作っていかないと
毎日がルーティーン化してしまい、感覚や感性が鈍くなる気がしていて。

あとは、普段なら絶対にしないことをしているという
未知の自分への好奇心
もかなりありました。

こんなことしてる自分ってどんん感じなんだろ?
と想像していると、非日常感が生まれわくわくしてきます。

 

今回の電子書籍は、とりあえず出版してみる!
ということが目的だったので、あまり濃い内容ではないですが。
副業でWebライターを始めたいかたにはオススメの内容です。

まえがき・目次・終わりにの部分だけ、ご紹介させていただきます。 “初体験!電子書籍リリースしました!” の続きを読む

天気の良い日は屋外でライティング作業

こんにちは。WEBライターをしているあむろです。

あたたかい気候になってきて、
室内にいるのがもったいない季節がやってきました。

そこで、わたしは日光浴と運動を兼ねて
散歩しながら原稿を書いています。気持ち良いですよ!

Webライターの特権?屋外でライティング作業

キーワードの選定をしたり、構成案を考えたり、文章の編集・校正をする時は、パソコンとにらめっこしながらのほうが捗りますが、実際に原稿を書く作業の時は、屋外や室内でも天井が高い開放感がある場所のほうが、発想が豊かになるような気がします。

そのため、天気が良い時は積極的に外に散歩に出るようにしています。

屋外でどうやって書いているの?

「屋外でどうやって原稿を書いているの?パソコンで?」
と、思われるかもしれませんね。もちろん、パソコンでは書いていません。
iPhoneを使って書いています。

「文字入力しながら歩くの、危なくない?」「効率も悪そう」
と、やっぱり思われるかもしれませんね。

もちろん、歩きながら文字の入力はしません。と、いうか出来ません!
転んだら痛いので、外で文字をフリック入力する時は必ず立ち止まって入力します。

散歩しながら書く時は、もっぱら音声入力を使っています。

活用しないともったいない!音声入力

‪iPhone‬で音声入力をするのはとても簡単です。
わたしの場合、原稿を書く時はたいていグーグル・ドキュメントかEvernoteで書いていますが、他のアプリでも同じだと思います。

この左下のマイクの部分を押し、‪iPhone‬に向かってひたすら喋ります。
そうすると、勝手に文字にして入力してくれます。

このやり方法で、トップにアップした春満載の景色を見ながら書いています。
気分が良いので、出てくる言葉もいい言葉が多いような?
気のせいかな?

効率的UPはWebライターにとって必須!

Webライターの仕事は「1文字◯円」といった感じで依頼されることがほとんどかと思います。
そのため、書くスピードをあげることが大事になってきます。

例えば、1文字1円で1000文字1000円の案件だった場合。仕上げるのに、
・1日かかってしまったら、日給1000円
・1時間で終わったら、時給1000円
と、このように大きく差が出てきます。

ですので、いかに効率よく書いていくかが重要になってきます。
その点、音声入力のスピード感は、慣れるととても効率が上がります。

せっかくのフリーランス。自由な働き方を楽しもう

フリーランスはただでさえ仕事量や収入に波があり、気持ちも落ち着きません。
しかし、せっかく時間にも場所にもとらわれない働き方が出来るのだから、もっと自由に、もっと楽しく仕事をしても良いんじゃないかな、と思います。

天気の良い日に、日光浴をしながら仕事が出来るなんて、本当に幸せですよ♡

音声入力を使うと、バッテリーの減りがかなりはやいので、充電器を持って散歩にでてくださいね!

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

⬇︎こちらからメールアドレスを登録していただくと、最新の記事が届きます。
ぜひ、ご登録おねがいします。


 

電子書籍を出版するぞ!と意気込むその後の話

こんにちは。WEBライターをしているあむろです。

電子書籍を出してみようかな、と思ったその後のお話しです。

自分の予想していなかったところで現実が流れていて、その流れに任せて電子書籍を出してみようと言う気持ちになりました。
と、noteでお話ししました。

https://note.com/lcdmonami/n/n159811a05774

電子書籍は思っていたよりも全然敷居が低く
文字数も紙の書籍だと大体100,000文字位必要なのですが
電子書籍だと平均して20,000文字位です。

20,000文字と言うと一見多そうに聞こえるかもしれないですが、
ブログが1記事2000文字としてブログ10記事分なんですよね。

意外とイメージがつきやすい文字数だったりします。

しかも、商業出版で紙で出版するとうん十万円と費用がかかるのですが、
電子書籍だと表紙デザイン、原稿のデータ化だけなので、外注費の数万円で出版できるのです。

しかも、アマゾンアマゾンに登録するのは自分でできるので
そこには費用がかからないです。

ということで、本を出版するぞとあまり意気込まずに
この雑記ブログの延長、日記の延長くらいの感覚で
そこに読んでくださるかたへ役立つ情報が盛り込められればいいかなぁといった軽い気持ちで初版を出すことにしました。

原稿は今編集段階でまだ仕上がっていませんが、表紙は既に発注していて、わたしらしい感じになるんじゃないかなぁと思います。

未経験のことを体験している道の自分

という好奇心から今後も色々と試してみようと思います。チャレンジしてみようと思います。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

⬇︎こちらからメールアドレスを登録していただくと、最新の記事が届きます。
ぜひ、ご登録おねがいします。